キャバクラやスナックの差 | 男子向けの高収入バイトでばっこり稼ぎましょう!!
menu

キャバクラやスナックの差

傘をさしている男性

水商売の世界は少なくとも6種類女の子が働くお店があります。
そんなお店のざっくりとした内容を書いていきます。
男性求人を出しているお店もあればそうでないお店もありますよ。

まずは定番のキャバクラですね。
キャバクラというのはキャバレークラブの略で、時間制で利用することが可能です。
女の子は基本的にお客さんと同じお酒を飲むこと無く、別料金でボトルを入れてもらうことによってお金を稼ぎます。
時間制+女の子の飲み代というところでお金を稼ぐために、お店としてはかなり景気が良い店が多いです。
そのために、ボーイの求人もかなり高収入なものになっています。

またキャバクラのお客さんというのは酔っ払っていることが基本になります。
そのために女の子にお触りをしようとする人も少なくはありません。
そういった人はしっかりとボーイが止めなければいけません。
見て見ぬふりをするボーイも多いですが、そこでお客さんにやんわり注意できるか否かはボーイにとっては必須のスキルになりますし、そもそもそれができなければ女の子からの信頼は勝ち取れません。

キャバクラ以外にも大阪にはスナックのような身近な飲み屋というのは多いです。
スナックは非常にアットホームなものです。
お店によって、時間制であったり時間無制限であったりと様々なものがあります。
様々なスタイルで営業しているからこそそのお店の魅力というのはお店特有のものになります。

元々はお客さんのボトルのお酒を女の子も一緒に飲むというのが一般的なスナックのスタイルでしたが、最近ではキャバクラのように女の子がお客さんとは別のドリンクを注文するような「スナキャバ」と呼ばれるような新ジャンルもあるそうです。

またスナックではママが一番強い傾向にあります。
強いというのは不適切かもしれませんが、逆らえるようなものではありません。
男性求人を出しているようなところは少ないですが、送迎などの仕事もあるために探せば見つかる。といったレベルには男性求人があるイメージです。